So-net無料ブログ作成
検索選択

馳議員「本田は無限の可能性を持つ男」星稜高後輩を絶賛(スポーツ報知)

 14日のカメルーン戦でゴールを決めたMF本田圭佑(24)の母校、星稜高校の先輩で元プロレスラーの馳浩衆院議員(49)は15日、本田について「無限の可能性を持つ男」と絶賛した。

 星稜高サッカー部で本田を育てた河崎護監督(50)は、馳氏が国語科(古典)教諭として母校に赴任した時の先輩。馳氏は本田本人にも高校OBの集いなどで数回会い、激励の言葉をかけている。「高校時代から無限の可能性を秘めている男だと思って応援しています。自宅で見て万歳しましたよ。岡田ジャパンが決定力不足と言われていましたから」と喜んだ。

 馳氏が“星稜魂”を感じたのはゴールの後だった。本田が真っ先に駆け寄っていったのは、陰で支えてくれているGKの川口、楢崎ら控え選手のところだった。「あれが星稜高校が目指す、誠実にして社会に役立つ人間教育の(表れた)姿勢。誠実さを見た思いがしましたね。異端児的なイメージは、マスコミがそういう面しか見ないからでしょう」と話した。

 自身もレスリングで84年のロス五輪に出場した経験から「人間は限界を自分で設定しては終わり。今までどおり、無限の可能性を追求してほしい」とゴール量産を期待していた。

 【関連記事】
松井も星稜の後輩・本田の快挙喜ぶ
岡田監督硬い表情崩さず、最優秀選手・本田は安堵の表情
VVVの本田か!次戦のオランダもびっくり
本田が決めた!日本勝った!勝ち点3!!
カメルーン 本田圭佑 星稜高校 調べる

<ウアルカイシ容疑者>東京地検が不起訴方針(毎日新聞)
<口蹄疫>菅首相が宮崎入り 被害農家を視察へ(毎日新聞)
タクシーで暴れ、乗り逃げ…松阪市職員を逮捕(読売新聞)
小6女児、水泳授業で意識不明=福岡(時事通信)
<雑記帳>アルパカ、初の毛刈り…中越地震の復興につながれ(毎日新聞)

野口さん帰還 宇宙滞在163日(産経新聞)

 【ロシア宇宙庁飛行管制センター(モスクワ郊外)=佐藤貴生】国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在した宇宙飛行士、野口聡一さん(45)らを乗せたロシアの宇宙船「ソユーズ」がモスクワ時間の2日午前7時25分(日本時間午後0時25分)、カザフスタンの草原地帯に着陸、無事に地球への帰還を果たした。約5カ月半(163日)の宇宙滞在は日本人としては最長で、日本の宇宙開発の歴史に新たな一ページが刻まれた。

 野口さんら3人のクルーはモスクワ時間の2日午前0時ごろソユーズの帰還用カプセルに移動し、ハッチ閉鎖後の午前4時過ぎにISSを離脱。大気圏再突入の約20分後、着陸した。待機していた航空機や水陸両用車などを含む捜索隊が向かい、野口さんら3人の無事を確認した。

 野口さんらは今後、無重力環境で弱まった骨や筋肉を回復させるリハビリを個別に受け、約1カ月半をかけて地球の重力に身体を慣らしていく予定だ。

 野口さんの宇宙飛行は2005年の米スペースシャトル搭乗以来、2回目。宇宙滞在期間は前回飛行と合わせて計177日となり、若田光一さん(46)の計159日を抜いて日本人最長となった。

共犯の常務逮捕 スタイレック社ファンド無登録営業で警視庁(産経新聞)
新首相動静(6月7日)(時事通信)
直木賞、電子書籍に…「ほかならぬ人へ」早くも(読売新聞)
社民、内閣不信任案に賛成へ 幹部会合で一致(産経新聞)
失業者の心のケアを―厚労省が1日から初の全国キャンペーン(医療介護CBニュース)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。